2014年02月18日

問題を説く順番

問題を説く順番は、人によって違いますが、一つの方法として、

最初に一番の得点源行政法択一、

次に後半になると思考力が落ちるので、民法択一、

会社法を飛ばし、比較的やさしい多肢選択の憲法、行政法を解きます。

最悪の事態を避けるため記述の下書きをして、

そして足切りを防ぐため一般知識。

最初に戻り、基礎法学、憲法、会社法を解きます。

余った時間で記述を書きます。

試験時間が長いため、自分の集中力を切らさない工夫をしましょう。







posted by srt at 01:25| Comment(0) | 行政書士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

初心者におすすめ問題集1

行政書士 過去&厳選問題集

2014年度 (行政書士 一発合格シリーズ)

TAC行政書士講座 (著), 神田 理生 (その他)



行政書士 過去&厳選問題集 2014年度 (行政書士 一発合格シリーズ)

TACさんから発売されている問題集で、

過去問と難易度の低めの良問が載っています。

解説も見やすく繰り返し説くことにより基礎が身についます。



posted by srt at 16:55| Comment(0) | おすすめ問題集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成25年度試験について

申込者数 70,896人 


受験者数 55,436人 
  

合格者数 5,597人
    

合格率  10.1%


2001年以来格率が10パーセント台になりました。

問題のレベルとして平年並みで問題のページ数の減少と、

受験生のレベルが上がったのが原因だと思われます。

ちなみにLECさんは記述3問とも当てました。







posted by srt at 16:03| Comment(0) | 行政書士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。