2015年05月23日

勉強をする順番

初めて行政書士試験に挑む場合、初めは得点源の憲法、民法、行政法から勉強をしましょう。

まず、法律の基礎でもある憲法から始めます(条文も短く、解りやすいため)。

憲法を勉強するにつれ、法律というものがわかるようになってきます。

次に人によって分かれるかもしれませんが、行政法を勉強します。

行政法は、覚えることも多く、範囲も広いですが、法的思考力(推論)が、

あまり問われないため、暗記でなんとかなり、得点源になるためです。

あとは、民法を他の法律と併合し、勉強します。

民法は、条文も多いですし、応用が必要な為、大変だと思います。

憲法、民法、行政法の三科目を勉強することにより、

行政書士試験の概要が見えてくるはずです。







posted by srt at 16:15| Comment(0) | 行政書士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。