2013年05月11日

行政書士とは

行政書士法に基づき、官公署(省庁、都道府県、市町村、警察署、保健所その他の行政機関等)に

提出する書類及び権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出の代理、作成に伴う相談に

応ずることなどを業とする日本国の隣接法律専門職と定義されています。

要するに行政機関に提出する許認可申請書類等の作成・提出・手続代理や契約書・

遺言書等の権利義務、事実証明に関する書類の作成・代理などします。

作成可能な書類は約10,000種類にもなります。



posted by srt at 22:20| 行政書士について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。